はちまん瓦〜八幡瓦〜いぶし瓦

http://www.80000.jp/
  組合概要 カタログ 施工事例 八幡瓦の歴史 はちまん瓦の素材と制作 屋根瓦の基礎知識と設計  
  かわらミュージアム 最高級高温焼成竹炭 創作瓦 お問合せ・お見積り・FAQ リンク  
  かつて、日本各地には多くの瓦製造所が存在した。
これらをここでは「在地瓦」と呼び、古代の官営瓦工房や、中世の寺社に属した瓦工房と区別しておきたい。
「在地瓦」は中世末から近世以降に、主に地元で産する粘土を材料に地元の需要に答えるために、地元の工房で生産される瓦で、製造工房の経営者や工人は必ずしももともと在地の者とは限らないが、定住し工房を在地で営んでいる者と定義しておく。
 
   在地瓦生産の起源に関しては、
 1)築城に際し城主が瓦工を招聘、または前任地より連れてきた。

 2)寺院の建立、又は改築による瓦の葺き替えに伴い招聘された瓦工が在地に定住した。

 3)在地の者などが、当該地に需要を見込みよそで修行して工房を開いたり、よその者が需要を見込んで移り住み営業を開始した。
   
 
奥に見えるのが八幡山(鶴翼山)
  等の言い伝えがなされている場合が多い。

いずれにせよ、それなりの需要がなければ工房の経営は続かないわけで、現に昭和30〜40年代をピークに在地瓦生産は低迷し、現在は大産地に集約されてきているのが現状である。
一方、古くからの都市部や城郭・大寺院の所在するところ以外は、在地瓦の起源が近現代である場合が多いが、これも瓦屋根の一般への普及拡大時期と一致する。

 
滋賀県指定文化財 本願寺八幡別院
   さて、八幡瓦の起源についてであるが、当地には羽柴(後の豊臣)秀次が叔父である関白藤原(後の豊臣)秀吉の命により天正13(1585)年築城を開始したといわれる「八幡山城」が存在したが、この時瓦工が当地に招聘されたことが起源とする資・史料は現時点では何ら知られていない。

現在のところもっとも有力な説は、当地に所在する「本願寺八幡別院」の屋根葺き工事に伴い、京都深草より瓦工が移住したというものである。

これは、文政10(1827)年成立と考えられる「寺本家過去帳」後書きに記されているもので、この寺本家は長く八幡瓦を製造する家々の中心的存在であり、寺本家から八幡瓦生産が始まったといわれている。

したがって寺本家の当地への移住・瓦生産開始が、八幡瓦の起源とされる。





浄土真宗本願寺派の寺院である本願寺八幡別院は、もと織田信長の安土城下にあったが、羽柴(豊臣)秀次が八幡山城を築き安土の城下町を移転したさい、当地に建立されたとされている。

後、徳川家康や家光が宿泊したり、朝鮮通信使が通行のさいはその昼食所にあてられるなど、由緒ある寺院である。
家紋瓦
豊臣秀次の家紋とされる「丸に立ち沢瀉(おもだか)」の家紋瓦 大・中・小

 
  ところで、その本願寺八幡別院の屋根工事であるが、これは、平成13(2001)年完了した滋賀県教育委員会実施の本堂保存修理工事に伴う調査により、元禄16(1703)年から瓦を製作し始め、葺き工事は翌元禄17年に着手し、宝永2(1705)年の8月上旬に完了したことが確認されている。

また、その瓦も寺本家の製造であることが瓦の銘文により確認されている。

ちなみに、八幡別院は文禄元(1592)年に安土より現在地に移転されており、寺院建立自体は元禄時代ではなくもっと古い。
この時現在の形に再建されたもので、再建は元禄7(1694)年に始まったことが伝えられている(大工高木家古文書)。
 
以上のことから、現時点では八幡瓦の起源は 江戸時代中期前半(1700年前後) ということが出来よう。

すなわち、別院再建の計画が浮上し、開始された時点で寺本家が当地へ移り、準備を始めたと考えるのがもっとも合理的である。

実際、寺本家製作で記年銘のある瓦の中で、現在もっとも古いものは、 元禄11(1698)年 寺本仁兵衛 作 のものである。むろん、今後調査がさらに進めば、全く新しい事実が現れるかもしれないが・・・。
 
 
  元禄11年 寺本仁兵衛 作 鬼面鬼瓦
 
近江八幡市若宮町にある浄土真宗大谷派教信寺旧表門鬼瓦にある箆書銘
 阿形鬼面 「元禄十一年 □ノ九月吉日」 吽形鬼面 「八幡瓦師 寺本仁兵衛 作」
 
文献と元禄11年鬼面鬼瓦写真撮影・近江八幡市立かわらミュージアム 学芸員 文学修士 佐竹 章吾氏
    八幡瓦の歴史のトップに戻る