はちまん瓦〜八幡瓦〜いぶし瓦

http://www.80000.jp/
  組合概要 カタログ 施工事例 八幡瓦の歴史 はちまん瓦の素材と制作 屋根瓦の基礎知識と設計  
  かわらミュージアム 最高級高温焼成竹炭 創作瓦 お問合せ・お見積り・FAQ リンク  
京伏間瓦



ここでは、塀瓦でも板塀瓦以外の施工例を紹介します。
詳しい施工方法・瓦の寸法等はお問合せ下さい。


お問合せ・お見積りはこちらからどうぞ。

板塀瓦の施工例はこちらからどうぞ。



  京伏間瓦

使用瓦
 ・京伏間瓦

まっすぐでない塀に京伏間瓦を一部加工して施工しています。




  京伏間瓦

使用瓦
 ・京伏間瓦
 ・京伏間瓦 ヒジ
 (別注角度)

直角でない角に別注のヒジ瓦を施工しています。




  京伏間瓦

使用瓦
 ・京伏間瓦
 ・京伏間瓦
  破風(止メ)

坂道沿いの為、段が付いた塀になっています。塀の端には格子状のあんどんが付き、瓦は破風(止メ)を施工しています。




  万十軒瓦

使用瓦
 ・万十軒瓦
 ・熨斗瓦
 ・素丸瓦
 ・万十隅巴瓦

立派な塀です。万十軒瓦の一段葺きに熨斗瓦を3段、冠振に素丸瓦を施工しています。




  万十軒瓦

使用瓦
 ・万十軒瓦
 ・万十切隅瓦
 ・万十中袖角瓦
 ・熨斗瓦
 ・素丸瓦
 ・万十隅巴瓦
 ・万十棟巴瓦
 ・八幡型福輪鬼瓦

使用している瓦を列挙してみると、屋根を葺くのと何ら変わらないのが良く分かります。それだけ立派な塀といえます。




  無地軒瓦

使用瓦
 ・無地軒瓦
 ・桟瓦
 ・中袖瓦
 ・無地中袖角瓦
 ・熨斗瓦
 ・紐丸瓦
 ・万十棟巴瓦
 ・角張鬼瓦

この塀も立派なもので、ここまでくるともう屋根と同じですね。流れを二段、熨斗瓦を2段に冠振は紐丸瓦を使用しています。




  90判万十一文字軒瓦

使用瓦
 ・90判
  万十一文字軒瓦
 ・90判桟瓦
 ・熨斗瓦
 ・素丸瓦

この塀瓦の軒瓦は珍しい瓦です。万十軒瓦はタレの部分が弧を描いていますが、この「万十一文字軒瓦」はまっすぐ(一文字)になっています。また、90判という種類は通常の53A版に比べ、大きさが二周りほど小さい瓦です。(面積で表すと約62%ほど)
「万十一文字軒瓦」は手づくりの別注品です。




  一文字軒瓦

使用瓦
 ・一文字軒瓦
 ・一文字中袖角瓦
 ・紐丸瓦
 ・万十棟巴瓦

棟部は熨斗瓦を使用せず に、紐丸瓦のみを施工し ています。重厚さが好で ない場合はこの方がいい と思います。




  一文字軒瓦

使用瓦
 ・一文字軒瓦
 ・紐丸瓦
 ・一文字中袖角瓦
 ・万十棟巴瓦
 ・一文字用隅巴瓦

写真の左側は角で曲っているのですが、直角だと「切隅瓦」を使用しますが鈍角なので一文字軒瓦を加工して施工しています。
一文字軒瓦は施工に手間がかかりますが、その分こうして斜めから見るときれいですね。




  常冠振瓦

使用瓦
 ・常冠振瓦(丸桟)

この常冠振瓦は、木製の塀に施工されているのが多いように思います。確かに、よく似合います。




  常冠振瓦

使用瓦
 ・常冠振瓦(丸桟)
 ・常冠振瓦 破風

木製塀の止め部です。この破風は京伏間瓦のそれと比べると大変豪華です。職人が手づくりで製作しています。




  江戸丸瓦

使用瓦
 ・江戸丸瓦 6寸
 ・江戸丸瓦 ヒジ
  (別注角度)

塀の角で直角の角は少なく思います。この塀の角も直角でなく鈍角になっています。よって、ヒジ瓦も別注で角度を測って製作します。




  江戸丸瓦

使用瓦
 ・江戸丸瓦 6寸
 ・江戸丸瓦 ヒジ
 ・江戸丸瓦
   破風(止メ)

江戸丸瓦は純和風の塀に似合うのはもちろん、写真のようなちょっと洋風が混じった塀にもよく似合います。特にこのオレンジブラウン色の塀にはいぶし銀がよく似合う様に思います。




  板瓦

使用瓦
 ・板瓦
  (手づくり別注品)
 ・素丸瓦

この塀瓦は大変珍しいもの、というよりここにしかないのではないでしょうか。25cm角ほどの正方形の板の瓦を並べた塀です。昔風にする為に、わざと粗く仕上げてあります。味わいのある塀瓦です。




※文中の「使用瓦」は画像に写っている瓦のみを記載しています。
戻る メインページへ